読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It all depends on the liver.

飲みすぎないように文章を書く

働けど働けどなぜかカネがたまらない女の言い訳

自意識

転職して給料が上がった。前職でも世間的に見て十分もらっていたと思うのだが、それよりも年収数十万円くらいのスパンで上がった。ボーナスもある。転職の目的のひとつが「夏休みとボーナス」だったので大変うれしい。みなし残業のついた裁量労働制であるにしても、同じ職種で経験があるわけでもないのに大変ありがたい待遇だと思う(ゲームのリリース時期の問題で、夏休みはとれなそうだけど)。

 

つまり冷静に考えれば、税金も増えるにしても、月5万円くらいは前より多く貯金ができてもおかしくないのだが……なんと転職して半年経つのに1円もたまっていない。プラマイゼロで推移している。どういうことなの??? というわけで、ここ1年くらいを振り返りつつ、原因を分析(後悔とも言う)してみました。

 

朝食にカネをかけすぎている

オフィスの場所が変わってから毎日通り道にスターバックスと、私の大好きな高級パン屋があり、だいたいどっちかで朝食を買って出社していたら、毎日朝食に800円はかけている女になってしまった……。800円×5×4=1万6000円の出費。

 

アラサーのたしなみで美容代がかかるようになった

やはりお肌の曲がり角などもあるわけなのだしペラペラの服を着ていると格好がつかないしおしゃれに気をつかうようになる。そしてまわりから情報が入ってくるようになるとやることがどんどん増えていく。ここ1年〜半年の間に出費が増えたと思しきものを挙げてみる。

【ネイルサロン】  

ネイルは……結婚式に初めて行くことになったときにやってみたのですが……一度やりだすと…やっぱり爪を綺麗に人に手入れしてもらえるのが嬉しくて、やってないとイライラしてきて、一度やめてもまた行ってしまう……毎月6000円、いいところでやると1万4000円の出費。

【まつエク】  

まつ毛エクステも結婚式か何かの折りにやってみたのですが……あまりのソリューションぶりに感動しました。毎日ビューラーやらマスカラと格闘して結局パンダになる徒労を考えたら安くない??? ということで月5000円の出費。

【スポーツジム】  

これは今年の3月から。それまでは週2回1時間程度河原をウォーキングorジョギングするようにしていたのですが、人間の筋力は毎年1パーセントずつ減っていくから有酸素運動だけじゃなくて筋トレも大事だよ〜という話を聞いてから、ジムに入会した。月8500円の出費。一応週2以上は通ってます。

【美容院】  

大学〜社会人はじめて最初のころはいわゆるカットモデルに行っていた。お金をかけたくないというのと、「継続的に同じ美容院に行って同じ人と話すのが苦手」だからです。しかし、さすがにカットモデルだと技術にばらつきがあるぞということで普通の美容室に行くように。2ヶ月に1回6000〜1万円くらい?

【化粧品、日々のスキンケア、その他】  

実は最近まで化粧水などをろくに使っていなかったのですが、「ちょっと人生ノーガード戦法すぎますよ!」と言われてさすがに保湿パック、化粧水、乳液などつけるようになりました。あとメイクレッスンに行ってみたりそこですすめられた化粧品を買ってみたり、眉エステがいいと聞けば行ってみたりコルギがいいと聞けば行ってみたり……。ホントは脱毛ももっとやりたい……。

なお、私は行ってないですが、アラサー仲間によると、残業帰りの深夜1時などに「オリーブスパ(芸能人御用達、1回2万円の高級マッサージ)」に行くのが最高の娯楽らしいです。

 

ミュージカルやライブなどに行きすぎている  

自分でそんなに申し込んでいるわけじゃないですが、そのぶん人に誘われるままに行っていたら、ここ2〜3ヶ月くらいは週1で何かしらのリアルイベントに行っている感じになっていた……。しかも友達と行くと当然アフターがある。あと、遠征に対しての抵抗もなくなっている。月2〜3万円?

 

Kindle paperwhite買ってから電子書籍買いすぎている

これまで電子書籍はずっとiPhoneで読んでいたのですが……Kindleリーダーめっちゃ読みやすいですね??? ということでポンポン買ってしまうようになり、月5冊程度だったのが10〜15冊くらいになった気がする。しかも紙の書籍と違って中古書店に売れない。月1〜2万円くらい(そしてその分紙の本の購入数が減ったわけではなく、むしろ上積みになっている……)。

 

財布なくしすぎ、Suicaなくしすぎ、iPhone割りすぎ

はい。

 

ついついタクシーに乗る

はい。

 

飲み過ぎている

はい。

 

……というわけで、いつの間にかすさまじく燃費の悪い人間になっていました。

 

こまごまと分けてみたものの、根本的な問題はわかっています。

つまり、「カネを使うことに対する認識の甘さ」。

 

そして、それは

・日々の数百〜数千円の出費に鈍感

・1〜2万円の突発的な出費までを大したことじゃないと認識するようになってしまった

ということ以上に、

・自分を精神/肉体両面の疲れはカネで解決できる!ということに気づいた

・自分の疲れを癒やすトラブルシューティングの手段をたくさん知ってしまった

・「自分がほしいもの」に優先順位と限度をもうけられていない

という話だと思っています。

学生時代〜社会人なりたてはこんなにお金で自分を甘やかす必要がなかった気がするのですが……何も意識しなくても毎月するする貯金がたまっていたのですが……(普通に生活に困らない貯金額は今あるのですが、そのほとんどが学生時代に貯めたものだという事実)。 実のところ、ちょうど転職のタイミングで私生活でメンタルがががーーーっっと落ち込んでしまう事故があり、それに何とか対処しようとカネで解決しまくったという経緯もあるんですが……まあ楽しいことを覚えすぎたということですね。

そして、こんなふうに殊勝に書いているけど、人生にある楽しいことを今めいっぱい謳歌しているので最高に楽しいです。バブルですね。でもバブルははじけるから……。

家計簿つけるなり、固定費を削減するなり、いろいろ理性的な仕組みづくりをしていきたいと思います。

 

(ちなみにこの間仲良し4人で貯金額を明かしあって憂鬱な気分になったときの結論は、「もっと稼ぐ」だったんだけど、絶対に今の2倍稼いだら2倍使うと思う)

 

カネを使わないで自分を癒やす方法……インターネット……???