読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It all depends on the liver.

飲みすぎないように文章を書く

「擬態」は誰のためのもの?

先日BLの新刊コーナーに立ち寄ったのですが、『オタク女子の擬態化計画』なる新刊が目に入って即購入してしまいました。

オタク女子の擬態化計画 (ポーバックス Be comics)

オタク女子の擬態化計画 (ポーバックス Be comics)

  • 作者: 葵ガム,青井れん,芥,あはん,あみ,生田いくじ,一宮思帆,梅津葉子,えいきち,エマオ,沖菜じじこ,おしるこ,おつたつみ,かぐらだいすけ,カス,KANA,剃嶋章,木乃ひのき,こち(成仏),こんぐ,コンドル,紗久楽さわ,山賊乙女,スルメイカ子,関口かんこ,滝澤,たけぴよ,choke,チョコドーナツ,チンダル現象,成馬なる,ナリムラ,蜂不二子,ハートフル肉便器,はにわ,葉矢,春染,英貴,ヒトシ,ひらえり,フクシ,双色,プルガリア,松嶋,松本あずさ,まめむ,右野マコ,もち村,モチメ子,他,毛魂一直線
  • 出版社/メーカー: ふゅーじょんぷろだくと
  • 発売日: 2014/06/24
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

お察しのとおり、これはBLではなく、『となりの801ちゃん』のような、BLをたしなむ腐女子の生態のほうを描いた本です。しかも、これまでの腐女子本が「腐女子が隠している生態」にフォーカスしていたにもかかわらず、この本はむしろ「腐女子が生態をカモフラージュするための努力」を、いろいろな作家さんが見開き2ページで赤裸々につづっているという(『オタク女子』ってタイトルですが、中見るとだいたい腐女子です)。案の定、オタクをオープンにしても周囲のみなさんが優しく接してくださるのをいいことに低女子力のまま生きてきた私をノックアウトしてくれる内容でした。

f:id:zerokkuma1:20160831191403j:plain

スキンケアに髪型、服装に日常会話。「女子」という存在はさまざまな要素によって完成するガラス細工のようなものなので、その完成した状態を維持するには、ありとあらゆる方向でのたゆまぬ努力が必要になります。もちろん「ホモの嫌いな女子なんていない」のだから、腐女子だけがとりたてて「女子」になるのに先天的に困難を抱えているわけではないのだろうけど、やっぱりBLに労力と時間とお金と情熱をそそぎこんでいるぶん、「女子」の維持に気がいかなくなるのも道理。

 

あと、そもそもオタクのなかでも腐女子のほうにいっちゃうのは、人によっては女性性への戸惑いとかともかかわっていたりするわけで、そういうこともかんがみれば、腐女子は非腐女子に比べて、「女子」を保つことが難しいといえると思います。


実際、コミケの会場やら声優イベントでは、「女子」を放棄している女性、「女子」を演じきれていない女性が、他のところに比べてどうしても多いと思います(私含め!!!)。でも、その一方で、最近の腐女子スポットには、めっちゃかわいい子、身綺麗にしている子も多い。それは腐女子の母集団が増えてリア充腐女子も増えているからというのもあるでしょうが、そのおしゃれは対男性というよりもむしろ対腐女子同士、のために発生しているように感じていました。


そういう思いを持ちながら『オタク女子の擬態化計画』をひもとくと、やはり作家さんたちが「女子」化に専心する理由は、ほぼ9割、同人誌即売会への出展に向けて。もちろん昔から同人誌即売会では、大手のサークルさんはピンクハウス着ておしゃれしてた、みたいなエピソードがあるわけですが、昨今は、腐女子SNSによるつながりと「現場」の双方が増えて、腐女子同士のリアルな交流がかなり頻繁になったことで、「晴れ」の場でのおしゃれというのが昔以上に腐女子としての「評価」の一角をなすようになっているのではないかなあ。


だってみんなオフ会とかあると、やっぱ「あー憧れの○○さんに会えた! めっちゃ素敵なお姉さまでした〜〜(^^)」みたいなこと書くもんね。さすがに「ブスだった」なんて書かれることはないだろうけど、相手の期待を裏切らないようにすこしでもマシに見せようとするよね。


(あと、声優イベントの関して言えば腐女子現場でありつつ対男性声優向けの「擬態」が発生したりもするわけだけど、『擬態化計画』で取り上げられてる現場はもっぱら同人誌即売会だったのでここでは割愛)


その一方で、たとえば一宮思帆先生のように、周囲に切実にオタクを隠している人の「女子」としての努力というのもあって、本来の「擬態」というのはむしろこっちなのではないかと思うけど、こちらについては『オタク女子の擬態化』のなかではごく一部の作家さんが描いている、という感じでした。

f:id:zerokkuma1:20160831191429j:plain

これはアンソロの性質上みんなBLを生業にまでしている人だからオタ隠しの必要がないっていうのと、腐女子どうしでお互いのプライベートの話はしづらいからアンソロでも対世間、対男性向けの「擬態」の話は薄くなってるってことなのかなあ……。


そういう話も今後はもっともっと出てくるといいなと思いつつも、いかなる方向にも「擬態」しきれていない私は、まずは着圧ストッキングから始めよう、と先人たちの知恵をメモりながら『オタク女子の擬態化計画』を熟読するのでした。

それにしても波乗りあみ先生は最高。

 

f:id:zerokkuma1:20160831191502j:plain

※2014年に書いた記事ですが、いまだに着圧ストッキング買ってません……