読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It all depends on the liver.

飲みすぎないように文章を書く

締め切りとのつきあいかたを反省してみる

どんな仕事でも「納期」はあるとはいえ、この世のあまたの仕事の中でもっとも熾烈に締め切りをめぐる攻防を続けているのが、編集とライター。

時間にルーズと思われがちな人間なのですが(プライベートではたしかに事実……)、根が小心者ゆえか、学校の宿題はいつも期限内に提出してきたし、本業のかたわらライターの仕事をするようになってからも、締め切りの1日前には必ず出すようにしてきました。

……が、この3月。調子に乗って仕事を引き受けすぎたのと、「あまり急ぎではないので~」という言葉に甘えた結果、いくつかの仕事で一度決めた締め切りをのばしてしまいました。反省のうえ、未来の自分のために「締め切りを守れている」ときに意識していることを書いておこう~~と思います。

 

●そもそも守れるスケジュールで締め切りを調整してもらう

これ本当に大事ですね……。だいたいの依頼の場合、「いつまで」と先方から締め切りも提案されますが、「今受けている仕事量的にあと1~2日あるとありがたいな~、でも大丈夫かな~」というときは、正直に相談して調整してもらうことが多いです。

●取材日が決まった時点で、作業日を決める

取材日はもともとGoogleカレンダーに入れていましたが、取材日が決まった段階で、「この日の夜は文字起こし」「この土日はこの原稿」と作業日も決めるようにしたら、だいぶシステマティックになりました。作業日を決めたら飲み会などの予定を入れず、Googleカレンダーを「作業」でキープしておきます。

●初めての媒体や編集さんのときは余裕をもってスケジュール管理する

慣れている取材ジャンルや分量であっても、初めての媒体や編集さんとの仕事の場合、思ったよりテイストが違って作業に難儀したり、赤入れが多くて直しに時間がかかったりということもあるので、そもそもの締め切りを余裕もって設定してもらう&実際作業するときも1日でも早く出す、ということを心がけています。あと最初の仕事だからこそ、締め切りが大事ですよね……(いつでも大事だけど……)。

●個々の作業日を「自分のなかの締め切り」と考えて、きちんと守る

仮に「この日の夜は文字起こし」を守らなくても、最終的な締め切りを守れれば問題はないわけですが、そうやって考え出すとすべてがずるずる遅れて取り返しがつかなくなり、「あーー起こししないといけない原稿が〇件も!」とパニックになるので、きちんと守るようにがんばります。

●取材が終わったらできるだけ早く作業する

取材案件は、文字起こしも構成も、「取材直後」が一番スピード早くでき、時間が経つにつれて内容が薄れてだんだん時間がかかるものになるので、間をあけずに着手するように心がけています。間をあけた原稿は結果的に、着手までに心理的プレッシャーがとてつもないことになる……。

●先に取材があった仕事の作業を優先して行う

「こっちのほうが構成案がすぐ浮かんだからこっちからやろう!」と思うと、だいたい後回しにしたものに着手する心理的プレッシャーが高まってずるずると遅くなるので、心を鬼にして、取材をした順に手をつけるべきだなと思っています。(まあ締め切りの緊急度による順番入れ替えはあるけれど)

●途中でやばそうだなと思ったら、すぐ編集さんに相談する

「この締め切りで大丈夫です!」と言い切った手前恥ずかしいときでも、「あ、やばいな」と思ったらその瞬間に相談すると、調整してもらえることもあります。「いや無理ですよ」と言われたら、それはそれで気合いを入れて頑張りなおせます。

●やばそうだなと思ったら細かいタスクを外注する

「あ、これどう考えてもやばい!」と思ったら、「うーん、原稿料減るけど……」と躊躇せず、素直に文字起こしを外注する。

●「やばい……」と思いつつも連絡しないまま締め切り当日を迎えてめっちゃ気まずい場合でも、必ずこちらから連絡する

最近SNSでも「連絡とれない作家が一番困る!」という話を見かけますが、これはマジでそうだと、自分のなけなしの編集経験でも身に染みているので、ハジをしのんで連絡します……。

●引き受けている仕事の件数やステータスを常に記録し、「執筆中」ステータスが一定件数をオーバーしているときは、断る

記録はしているんですがなかなか見極められないときも多く、試行錯誤しています。

●どうしてもやばいときは「もうちょっと頑張れるだろ!」と自身を気合いで鼓舞する

最近は「コンサルは私の2倍働いてるコンサルは私の2倍働いてる」と唱えながら原稿しています。

 

あれ、なんか「守れてない」ときの話も混ざってしまった……。

こんな記事を書きましたが、正直理想は「頼まれた仕事はすべて快諾し、もちろん締め切り通りに終わらせる」なんですよね……。世のライターのみなさんはどれくらい同時並行しているのか気になる。私は今のところは副業なのもあり「週1取材、週1締め切り」が一番合ってるペースだなという感じです。「自分のキャパ内で回すべきだ」という気持ちと「キャパを拡張していけるのではないか」「せっかく頼んでいただいているんだからがんばりたい~」といった気持ちの間で揺れ動いています。

今回ちょっと締め切りを破ってしまって大変反省しているので、気を取り直して頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

【余談】

ちなみに自分が編集してるときは

・取材直後に「どういう構成にするか」口頭で相談する
・その日のうちにメールで「〇〇日までによろしくお願いします」とさらにリマインドしておく

・1日前までに来てないときも「明日ですね。よろしくお願いします」などとリマインドしておく

SNSでは逆にそっとしておく、「いいね!」だけする

ということを心がけていた気がする。